Appleがリモートでこのようなハッキングなどの不正なアクティビティを検出した後にiPhoneを無効にするには特許に適用され、牢破り、ロック解除米国著作権局は、それが法的米国のユーザーが自分のiPhoneを脱獄できるようにすること、デジタルミレニアム著作権法から脱獄iPhoneを免除していました. その時、我々はそれがiPhoneハッキングコミュニティーと猫とネズミで先取りすることが困難なIOSを脱獄するために作ることからアップルを停止しないだろうと述べていました. AppleはまたiOSの不正な変更は、IOSベースのデバイスの保証に違反していることが明らかになっていました. アップルは、そのような誤った入力などの疑わしいアクティビティを示す任意の不正なアクティビティを検出した場合、リモートでiPhone、iPadまたはiPod Touchを無効にすることができます “と、電子デバイスの不正使用者を識別するためのシステム及び方法”と題した特許を申請しているパスワードの倍以上の期間内に所定数の、ハッキング、IOSベースのデバイスを牢破りまたはロックが解除されます. Ars Technicaのレポート: 特許は、タイトルの “システムおよび電子デバイスの不正使用者を同定するための方法、”デバイスは、iPhoneやiPadを使用しているか感じることができましたいくつかの方法を説明しています. を考慮方法の中でも声紋分析、写真解析、ビート解析(! )、ハッキングされるか、または “不審な行動を示すことができる特定の活動を指摘した. “デバイスは自動的に不正なユーザの写真をスナップし、デバイスのGPS座標と同様に、ログのキーストローク、電話、または他のアクティビティを記録する可能性があります. 不正なユーザが検出されると、デバイスは自動的に特定の機能を無効にしたり、Twitterや他のサービスに通知を送信することができます. [0060]は不正なユーザは、図のプロセス610を検出するには、次の特許は、Appleが権限のないユーザーを検出するための計画方法について説明します. 6bは、特定の活動はステップ612で特定されているかどうかを決定することができます. 上述したように、特定の活動がハッキング、一定の期間内に誤ったパスワードを所定の回数を入力し、行の所定の回数を誤ったパスワードを入力し、例えば、として疑わしい挙動を示す任意のアクティビティを含めることができます. 電子デバイス、電子デバイスを牢破り電子デバイスのロック解除、電子機器からSIMカードを取り外し、電子デバイス同期化されたデバイスから所定の距離、または上記の任意の組み合わせを移動します. 特定のアクティビティが識別された場合は、現在のユーザーは、ステップ614で、権限のないユーザーとして検出することができます. しかし、特定のアクティビティが識別されない場合、プロセス610は、ステップ616で終了することができます. 特許はAppleの意図は無許可のユーザーによってアクセスされ、そのデバイスからのiPhoneユーザーを保護するためであることを示しているようですが、特許かどうか、アップルまたは所有者の詳細を提供していませんので、不正なアクティビティの説明は特に牢破りおよびロック解除は、眉を上げたデバイスのリモートデバイスを無効にすることができるようになります. 所有者がリモートで彼/所有者が考えているかに基づいて、彼女のMobileMeアカウントが不正行為であるが、Appleがこの機能を制御したい場合は物議を醸すであろうと言うからデバイスを無効にする機能を持っている場合、それは有用であろう. 他の企業、特許のアイデアなので、この機能のようにAppleが日の目を見ることはないかもしれないここで注意することも重要です. 私たちは下記のコメント欄にあなたの意見を知ってみましょう. イーアネイラにエウクランテも参戦! PS

Advertisements